大規模修繕 施工業者の選定は公平・公正に / 名古屋 愛知 岐阜 三重で大規模修繕 / 設計事務所 建築創造舎アトリエK 一級建築士事務所

5)施工業者選定業務

施工業者の選定には公平・公正さが求められます。
特に分譲マンションでは施工業者選定時にトラブルが発生したりするケースが見受けられます。多額の費用を用いる大規模修繕工事では、誰が見ても分かりやすく、公平・公正な業者選定の方法が重要です。

業者募集は業界新聞などにより公募します

建設業では建通新聞のような業界に特化した新聞機関があります。
施工業者の募集ではこのような新聞機関を活用し、特定の誰かが強く推薦する業者に工事を発注するということは避けます。

見積参加資格の確認

誰でも工事見積に参加表明出来る訳ですが、何処の誰だか分から施工業者さんでは困ります。
見積参加に相応しいかどうか、過去の大規模修繕工事の実績や、有資格者の人数、会社の資本状況など事前に書類で考査し、お見積もりを依頼するかどうか資料を作成してご報告します。

お見積もりの比較と検討

各業者さんから提出された見積書の内容を比較検討し、一覧表にまとめてご報告します。

一括発注と分離発注から選択して戴けます

建築創造舎アトリエKが手掛ける大規模修繕では、一括発注と分離発注から選択していただけます。
一括発注とは、従来からある○○工務店や△△建設のような、元請け企業に工事内容の全てを一括して発注する方法ですが、実際の現場では外壁補修の専門工事業者さん、塗装工事業者さんといった、各専門工事業者さんが仕事をしています。
分離発注では、実際に現場で作業をする各専門工事業者さんへ直接見積を依頼し、工事を発注することで、同じ品質なら価格を易く、同じ価格なら品質を高くすることが可能になります。
詳しくはお問い合わせ下さい。