大規模修繕 設計業務 / 名古屋 愛知 岐阜 三重で大規模修繕 / 設計事務所 建築創造舎アトリエK 一級建築士事務所

4)設計業務

工事に必要な図面、例えば配置図、平面図、立面図、断面図、矩計図などの意匠図に加え、特記仕様書、仕上表など工事及び見積の基準となる図面を作成します。
建築創造舎アトリエKでは工事業者との利害関係が一切ないため、ご依頼者様の代理人として、また第三者の公平な立場として工事を計画し、ご提案しています。

詳細な設計図書を作成し、どの工事業者が見積をしても同じ条件で行える様に作成します。

ご予算に合わせたご提案

大規模修繕では修繕積立金から工事費用を捻出しますが、必要以上に過剰な負担とならないよう配慮しています。
長期修繕計画書と過去の修繕記録、そして現地調査の結果から本当に必要な修繕項目をピックアップし、修繕の対象とするか否か判定します。

例えば外壁タイルの浮きがあれば、バルコニー手摺壁の外側や足場がないと触れないような高い部分は、万一タイルが割れたり剥落した場合、大きな事故に繋がります。
このような危険な箇所は最優先の修繕項目として設計に反映します。

DSCF8421.JPGその他、竣工した年代により、現在の建築基準法に適合しない「既存不適格」となっている箇所をピックアップし、改修対象とするか否かご相談しながら進めて行きます。

既存不適格とは現在の法律に適合しない建物を指します。
例えばエレベーターの扉に遮煙性のがない、階段に手摺がないなど様々な状況があります。

修繕方法の検討

IMG_0565.JPG建物の劣化は様々な状況があります。鉄筋コンクリート造の建物では多かれ少なかれ壁や床、天井にひび割れを生じています。このひび割れも幅や位置によって修繕方法は異なります。
また、同じひび割れでも躯体の伸縮によるものか、雨水の浸入によるものか、様々な原因により発生していますから、単に見た目だけを直すのではなく、原因を探り原因と共に修繕することが重要です。

資産価値を上げるご提案

修繕工事でせっかく足場を設置するなら、普段なら高所で危険な作業も併せて行うことがあります。
例えばバルコニーで鳩の糞に悩まされている場合、住戸毎に異なった鳩避けネットを設置しているケースが見受けられますが、同一の材料で目立たない素材に揃えることで外観の美観を保つことが可能になります。
DSCF7921_bw0.JPGDSCF7392.JPG
また、エントランスが暗くてイメージが古いといった場合、大規模修繕工事の一貫としてモデルチェンジも含めて設計しています。

建物が抱える問題を解消します。

DSCF8456.JPG様々な時代に竣工した建物は、それぞれに問題を抱えている場合があります。
例えばエントランスにセキュリティ機能が無かったり、至るところに段差がある場合、郵便受けが小さかったりロックが掛からないなど様々な問題を解消して行きます。