夢の住まい造りのためには、資金計画と言う現実を正しく把握することが大切です/名古屋市の建築設計事務所 建築創造舎アトリエK 一級建築士事務所

有限会社 建築創造舎アトリエK
名古屋市西区大野木4丁目426番地の1
Tel:052-504-6676 Fax:052-504-7177
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

資金計画

住まいを建てるために必要な全ての金額を把握する

融資を受けて住まいを建てる場合は勿論のこと、手持ち資金の場合でも「家」を建てるために掛かる総額が一体幾らになるのか、充分に確認することはとても大切です。建築工事費は予算内に納まったけれど、忘れた頃に固定資産税が・・・なんてことにならないように注意したいものです。

建築創造舎アトリエKでは、ご相談戴いたお客様へプランと共に資金計画書を作成し、建築工事費以外にも掛かる費用も含めてご提案しています。

建築工事費以外に必要な費用とは?

建築工事費とは、建物本体を建設するために必要な金額を指します。
建築工事費以外に必要な費用で代表的なものには?

税金関係
・登記費用
・不動産取得税
・固定資産税(毎年)
・都市計画税(毎年)

融資関係
・融資事務手数料(融資を受けられる場合)
・火災保険料(融資を受けられる場合は、支払いが完了するまでの期間)
・生命保険料
・登記手数料
・繋ぎ融資費用(手持ち資金の状況による)

以外と忘れられている項目
・既存建物の解体費用(既存建物がある場合)
・水道引き込み費用(新規に引き込みが必要、または口径変更)
・引っ越し費用と仮住まい費用(現在住んでいる建物を建て替える場合)

見積に含まれていないことが多い項目
・地盤補強費用(地盤が弱い場合に必要)
・外構工事費用
・カーテン工事費用
・エアコン工事費用
・浄化槽工事費用

念のために確認して欲しい項目
・消費税(建築費は本体価格、消費税額、合計金額に分けて記載されていることが多々あります)


ちょっとした見落としであっという間に30万、50万、100万円単位で「想定外」となる費用が発生してしまいます。「建築工事費」だけに気を取られていると、とんでもない落とし穴に嵌ってしまうかも知れません。お見積書をもらっても、何が分からないのかが分からない・・・ということにならないよう、相談出来る身近なパートナーを持ちましょう。

気になる融資可能額と月々の返済額

住まい創りをされる殆どの方は、銀行などから融資を受けて計画を進められます。
その時に一番気がかりなのは、一体幾ら借りられて、月々の返済金額は幾らになるのか・・・という部分でしょう。

概算ですが、現在の所得を基準として借入が可能な金額と月々の返済額、総支払い額を算出します。